Q&A

【質問】ヴァータ体質なのですが、ニキビや湿疹など炎症が起こりやすいです。改善方法は、クールダウンか、温めるかどちらを行えばいいのでしょうか?

あいさん
あいさん

ヴァータ体質なのですが、ニキビや湿疹など炎症が起こりやすいです。改善方法は、クールダウンか、温めるかどちらを行えばいいのでしょうか?

アーユル先生
アーユル先生

あいさん、質問ありがとうございます。

ヴァータ(疲れ、乾燥、不規則な生活、便秘)などが引き金となって、ピッタが暴れ、それがお肌の炎症になっちゃった

なんて事はよくあります。ヴァータもピッタの同じくらい暴れてる。

そんなときに

冷やす/温めるというのは対局の手法ですが、

冷性の手法を採用→ヴァータが増加する

熱性の手法を採用→ピッタが増加する

ことになりどちらを採用しても

どちらかがおかしくなりやすい。

なのでどちらか一方に偏る選択肢ではなく

第一の基本選択として考えるのは

ヴァータもピッタも緩和してくれ、その上で、皮膚に良さげなやつ

ということになります。

「皮膚」という組織に影響が出ているわけなので、皮膚に効果が期待されるものを

選択肢にかけてふるいをかけます。

例えば皮膚に良いハーブの中でもターメリックは

苦味によりピッタを鎮静しますが、同時に温性を持つためヴァータをメンテしつつ、

皮膚という組織に良い作用をもたらします。

食べてもいいし、お茶に入れて飲んでもいいし、ハーブを小さじ半分くらいサプリ的に摂ってもいいし、局所に直接つけてもOK。

直接つける場合は水を加えペーストにしてから患部につけるといいです。

顔全体につけたい場合はチャナ豆の粉に

茶匙半分以下を混ぜて水でペーストにして

パックするといいです。(乾く前に洗ってください)

ターメリックをたくさん入れすぎるとていねいに洗っても色が落ちず

顔が黄色い人になります(笑

黄色で出歩くと、「なんだか顔色がわるい」とあらぬ心配をかけることもあるので

ターメリックは少なめに使うのがおすすめ。

アクネ菌を抑えてくれる抗菌作用もあり、常用すると

ニキビの予防にもなります。

またターメリックには抗炎症作用もあるので

体のいろいろな炎症にはターメリックをお料理に使うか

茶さじ半分くらいを朝夕にお茶として飲むか

そのまま摂取する方法もあります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA