お役立ち情報

15分でできる アーユルヴェーダハーブ染め ふんどしの作り方

アーユル先生
アーユル先生
ここでは外陰部の清潔と快適さを保ち、締付け/血行阻害・不快なニオイフリーな

「快適アーユルヴェーダふんどし」の作り方をご紹介します。

もちろん男女ともに使用できます。15分ほどで作れる方法です。

              仕上がりはこんな感じ

映画【幸せの黄色いハンカチ】ばりにひらひらしていますがフンドシです(笑

必要物品

①さらし・薄手タオル・オーガニック布・てぬぐい(着物で使っていない絹の帯揚げなんかもいいですよー。)

②パンツゴム(100均一)

③裾上げテープ(100均一)

④ターメリック(スプーン1杯)

作り方

①布の上にくるくるとゴムを巻きつけておく

 

 

②その上から裾上げテープを貼る。余裕がある人は手縫いでも。

 

 

③ゴムを自分の腰の長さで結ぶ

 

 

 

④ふんどし完了(染めるのがめんどくさい人はここまででもOK)

 

 

⑤ふんどしを桶にいれて湯を入れターメリックを入れる。                  

 

 

⑥ふんどしが黄色く染まったら絞って干す。

 

 

 

 

お洗濯は色落ちするので手洗いでお願いします~。
オリモノで、ただれてしまう時があります。 色も黄色で、重曹洗剤を使っても色落ちしないので、いつもオリモノ用の布ナプキンを当てています。 健康な状態のオリモノがどういうものなのか?また、今の状態を改善するには、どうしたらいいのか、ご教示下さい。 https://www.namasteayurveda.info/hundoshi/ ...

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA