アーユル用語集

ドーシャ【DOSHA】

ドーシャ【DOSHA】

ドーシャとはサンスクリット語で「乱すもの」という意味。基本3つあります。

  1. ヴァータ
  2. ピッタ
  3. カファ

「体質」と訳す人もいますが、正確には「特徴をもった3つのエネルギー」のこと。

どんな人もこの3つのエネルギーは存在していて

生まれたときに配合が決まります。

その「生まれ持った配合」が人それぞれ違うので

「体質」という意味にとらえることもあります。

この3つのエネルギーは生まれたときのベースはあるのですが、

季節によって、日によって、時間帯によって、

どこに住んでいるかによって、食べ物によっても

時々刻々とその配合は細切れに変化しています。

そのドーシャのエネルギーはおおむね「増える」と乱すものになります。

何を乱すか?

私たちの「体、組織」の正常な働きを乱すものになります。

だから「乱すもの」っていうあだ名がついちゃったわけ。

これで、ドーシャが増えると「体の働きを乱す」ことがわかった。

じゃ、「ドーシャが増える」ってどういうこと?

ドーシャはそれぞれ3つともエネルギーに特徴があります。

例えば

ヴァータのエネルギーには「冷たい」という性質・特徴があります。

だから「冷たい・寒い」ことはヴァータを増やします。

「冷たい性質が加わるともっと冷たくなる」自然の法則。

ヴァータの性質が付け加えられるとヴァータのエネルギーが増える。

ということ。

こんなふうに日々、刻々と増減を繰り返しながら

日々細かに変化している生体エネルギー。

それがドーシャなんです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA